ケーズネットワークとは

「明日がある会社」であり続けること

1998年、ケーズネットワークの創業は大型カラオケ店「ハリウッドスター」の運営からはじまりました。
前職からの独立時に当時のオーナーから譲り受けた千葉店(160坪)と大阪店(100坪)。
この2店舗の経営を立て直し、成長軌道へと導いていくことが最初の仕事でした。
私の前職とは、80年代のブームを担ったディスコチェーンの営業本部長。独立前の数年間は、ブームの終焉と共に全国展開していた店舗の“閉鎖か、業態変更しての続行か”の見極めが仕事となりました。
そこで痛感したことは、利益のある店でないと「明日が無い」ということ。
利益が少しでも出ている店ならば、もしも会社から切り離されても新しいオーナーや運営会社が見つかる等、雇用は維持される形となり働く社員が道に迷う事もありません。
私が独立してケーズネットワークを立ち上げる際に決意したことは「明日のある会社」を経営しようということでした。


損益にこだわり利益体質の店にする。最も大切なことは、店の運営を継続することです。そのためには「利益を出す」つまり「どうしたらお客様を満足させられるか」を、社員各々が考えて行動するということが大切です。そこにこだわりをもっていけば、店長も料理人もフロアスタッフも、おのずと商売人として成長していけます。 それがキャリアとして積み重なっていけば、経験と共に実力がつき、もし独立を目指すならば経営者としての力を養うことにもなるでしょう。 飲食の仕事は、味・価格・雰囲気のトータルでお客様に満足を提供する、とてもクリエイティブで面白い仕事です。自分の夢と発想で「自分が行きたいと思える店」を作っていける。それを継続し続けることで、一つひとつの夢を実現して行く事ができます。


ページのトップへ戻る